Whole Beauty in ニューヨーク

ニューヨーク在住。メイクアップアーティスト&米国IIN認定ホリスティクヘルスコーチ 。美容と健康と日々気になる事について。

40代のスキンケアは何をすればいいの?

アメリカの皮膚科医Dr Drayによる年代別スキンケアTips。本日は40代をシェアします。
昨日と一昨日で20代と30代を、移行を考えている新しいブログの方でシェアしていたのですが、ここのはてなブログの方でアクセスたくさんしてもらえていたので、40代はこっちでもシェアします。
移行を考え中の新しいブログの方でも、他の美容のことも書いてますので、もし良ければ、そちらも覗いてみて下さい。

yumiwellness3.wixsite.com

40代のお肌の特徴

  • 皮脂が減り乾燥肌になっていく。また、さらに肌が敏感になっていく。
  • コラーゲンやエラスチンが減り、ハリがなくなり、シワができる。
  • ターンオーバーが遅くなる。色素沈着も増していく。
  • ホルモンニキビ(閉経に近づく為)
  • 肌の抗酸化作用をするビタミンC、 Eが少なくなっていく為、環境汚染やUVなどによって起こるフリーラジカルのダメージから肌を守りにくくなっていく。

 Tips

1、洗顔料の変更を考える。

フォーミングクレンザー(泡)は洗浄力が強いので乾燥の原因になりやすいので、ジェルやクリームタイプの優しいものに変えるなど。洗顔の回数を変えるなど。

 

2、保湿

濃厚な保湿剤の使用。特に夜。濃厚なボディークリームも顔に使える事もあるので試してみてもいいと。

夜寝ている時は肌の回復の過程でTEWL(transepidermal water loss=経皮水分蒸散量)脱水しやすいので、特に寝る前は保湿をしっかりすることが大切。

ワセリンはTEWL(transepidermal water loss=経皮水分蒸散量)を防ぐ効果がある。

 

3、紫外線から肌を守る

20代30代のスキンケアでも書きましたが紫外線から守ことはとても大切。一年中、家の中にいても紫外線は降り注ぎます。特に窓から入ってくるUVA 紫外線にも気をつけて。コラーゲンやエラスチンへのダメージが大きい。日焼け止めはもちろん、洋服や帽子などでも防いで。

 

4、エクスフォリエイト角質除去

フィジカル(スクラブやブラシなど)よりもケミカルエクスフォリエイトがお勧め。ケミカルの方が正確でフィジカルの方は肌に小さな傷を作ってしまい、バリア機能の低下や乾燥や赤みなどの原因となりやすい。

乾燥肌:AHA

オイリー肌:サルチル酸

敏感肌:ポリヒドロキシ酸(Polyhydroxy Acid)

 

5、抗酸化

肌の抗酸化作用をするビタミンC、 Eが少なくなっていく為に、補給することが大切。

抗酸化作用をするのはビタミンC。

コラーゲンを増やし、肌を明るくし、しわを滑らかに、またフリーラジカルを減らす。

ビタミンCは不安定な成分のためビタミンC(Lアスコルビン酸 15~20%のもので、Phは酸性であること、そして ビタミンEとフェラル酸と一緒に存在すると安定して吸収しやすくなる。

 

6、レチノール

ビタミンCよりも大切。40代から組み込むことを考えた方が良い。

コラーゲンを増やししわを防ぐ。ターンオーバーを早める。紫外線からのダメージを取り除く。

 

7、スキンチェック

 

8、食事、運動

食事はフリーラジカルを減らす為にも野菜フルーツはしっかり食べる。

骨と筋肉は老化と共に減り、顔のたるみの原因の一つ。適宜運動を取り入れて。

 

9、睡眠

とっても大切。

女性は閉経に近づいてきており、これにより不眠に悩んでいる人は多い。

睡眠しやすい環境を整える。早めに部屋を暗くしたり、室温を低めに設定したり。 (今度睡眠についても詳しくブログに書きます。)

 

10、Keep it simple シンプル にする

マーケティングに惑わされず、スキンケアルーティンをシンプルにする。

結局の所、スキンケア製品の一部は肌に良い働きをするが、ほとんどのスキンケアは生活習慣や他の事が大きく関与している。スキンケア製品はおまけのようなもの。

老化自体は何の問題もなく、40年間生きてきた知的さを表しているので、コスメを使って結果を得る事ではなく、健康的なお肌を目指すようにするといい。と締めくくっていました。

 
 
 

私もとても同感。でも少しでも綺麗な肌でいたいので、できる所を努力したいなと。特にインナーケアですね!